自然栽培や有機が美味しい(傾向?にある)わけ Vol.2

一つは、大前提として

生き物の体は自然界にあるものを

美味しいと感じるように出来ていること。

 

美味しくない例えをするときに、

『薬臭い』という言葉を使うことがあります。

 

水道水なんかも塩素が多いと

「薬くさーい」「マズーイ」と言ったりしますよね?

大体の人はミネラルウォーターと水道水の味の区別は出来ると思います。

 

スーパーで買ったキャベツが

「なんか苦いな」と思ったことはありませんか?

 

化学的に作られた肥料も農薬も、

ちゃんと出来上がる野菜の味に反映されます。

 

 

TVや雑誌で「美味しい」と紹介される味噌や醤油。

大体、昔ながらの作り方で時間をかけて作っているものがほとんどですよね。

こーゆーのは高いのだと一本2000円とかでしょうか??

対して、スーパーで売っている大きいペットボトルのものは200~300円のもの。

 

裏に書いてある原材料を見比べてみてください。

 

美味しいものの材料は自然の材料のみ、

いたってシンプルです。

 

続きはまた次回!